俳優の役作りで行う3つのプロセスに学ぶ「人と組織と会社」の考え方

CEOの役割

先日、幼少期から学生の頃に子役から俳優をしていて、その後エンジニアに転身した後に、起業した社長と会ってきました。

「どんな視点で人を見ているのか?」

「人とチーム・組織の関係を最高にするにはどう考えたらいいのか?」

この視点で気がつけば2時間ほど語っていました。

その社長が俳優をしていた頃に、ドラマや映画に出演する時に行う「役作り」の方法を初めて聞くことができました。

これが面白い内容でした。

話を聞きながら、「これはもしかすると組織づくりでも活用できる話かもしれない」と感じたので、内容について紹介します。

俳優が役作りをする際には、3つのポイントを意識しながら行うそうです。

その役の人間がどんなパーソナル情報を持っているのかを考える

役作りはまずは基本から。

どういう人なのかを台本から分かるパーソナル情報から想像していくのです。

  • 年齢
  • 住んできた/住んでいる場所
  • これまでの学歴や経歴
  • よく遊びに行くところ
  • 好きな食事
  • 好きな服装
  • 好きな異性のタイプ
  • よくやってしまう仕草

などの項目について想像を巡らせます。

その上で、本人がどんな感情、心境でいるのか、を考えて感じてみる。

これらの情報と想像を元に、どういう表情をして、どんな声のトーンや体の動きをするのかを、細かく考えていく。

役作りの最初の基本はここから入ります。

その役が周りからどう思われているのか

次にその役の周りにいる人が、その役の人をどう思っているのか、を想像してみる。

自分の役だけでイメージの設定しているだけでは、役に深みが出ず、見る人がその役に共感して感情が入り込むのが難しくなります。

自分の役が周りの人からどう思われているのか、という感情も取り入れて役作りをすると、表情や声のトーン、体の動きに「理由」ができるので、演技に深みが出て、見ている人の共感を得られるようになるそうです。

作品全体の流れの中で、その役がどんな期待をされているのかを考える

ここが一番重要なポイント」と言っていました。

自分の「やりたいこと」でも、周りの「やって欲しいこと」でもなく、その作品全体の流れの中で、その役が「どんな期待をされているのか」を考えてみることが、役作りをする上で最も重要だそうです。

個人、周囲、全体という3つの視点から自分の役を見て、どうしたらその役に入り込み、より良い演技ができるのかを考えられるようになるそうです。

俳優の役作りから、人と組織と会社を考える

最初に挙げた「その役の人間がどんなパーソナル情報を持っているのかを考える」は、マーケティングや人材採用時によく行う「ペルソナ設計」になります。

ターゲットにしたい人の属性や特徴、趣味などを想像して決めることで、「市場に対して」などのようにぼんやりとしたターゲットにならずに、ピンポイントでイメージした「その人」にメッセージを発信できるようになります。

どんな人を採用したいのかが明確に設定できていると、採用活動自体も迷わずに出来るし、面接をする時の迫力が違ってきます。つまり「●●のような人が欲しい。なぜなら▲▲だから。あなたは■■の経験をしてきているので、一緒に働きたい」と自信を持って言えるようになるわけです。

次に挙げたポイント「その役が周りからどう思われているのか」は、組織の状態を把握するために行う「360度評価」や「従業員満足度調査」などの話です。

周囲からの評価を取り入れることで、良かれと思ってやっていることが、本当に期待される成果を出せているのか、を判断することができます。

最後に挙げたポイント「作品全体の流れの中で、その役がどんな期待をされているのかを考える」は、「マーケティング思考」や「人事評価」などの話です。

組織全体から見て、自分がどんな役回りを期待されているのか、という視点を持つことで、自分の役割、仕事の捉え方が変わります。

それに伴い、動き方、コミュニケーションの取り方も変わっていきます。

全体からの期待を見ようとせずに、自分一人のイメージをしているだけだと、期待と実際の差が大きくなります。その差を埋めることが本人の成長につながるし、組織として成果が上がることにつながるわけです。